仕事をしたいものの、働く環境が整わないためにフルタイムで働けない、スキルを活かせないという人は少なくないものです。

しかし、インターネットが広く普及した現在、そのような埋もれた人材を確保するために、雇用側もシステム作りを進め、その結果、多くの人が自分の希望する勤務形態で働くことができるようになり、雇用側はスキル保有者と人手の両方を確保することに成功しつつあります。

テレワーク勤務

今はテレワーク形式の勤務を認めている企業も増え、在宅で仕事をする人員の求人も珍しいものではありません。まだ子供が小さくて外で働けない親や、スキルや資格はあるものの、近くに働ける場所がない、そんな人たちにとってテレワークは社会との繋がり、貴重な助けになる働き方です。

雇用側にとっても、従業員の作業スペースや交通費の確保のコストがかからず、遠隔地にいるスキルのある人を簡単に雇用する事ができれば一から教育する手間も省けますから、メリットは大きいと言えるでしょう。

テレワーク勤務のメリット

テレワークの場合、定期的な面談を義務づけている企業もあるものの、業務連絡などはほとんどメールやスカイプのやり取りだけで済ませられますから、雇用側は交通費などの経費削減に加え、時間の節約も可能になりました。勤務形態の多様化は、現代の人手不足の解消にも大きく役立っているのです。

近年は、様々な業種がテレワークをはじめ、夜勤やシフト交代制など多様な勤務形態を認めており、経費や時間の節約に努めています。このような変化が広がった理由のひとつは、長時間残業などの働き方の問題でしょう。

新しい時代の働き方

仕事のために最低限拘束される時間に、残業の時間まで加わると、雇用側、従業員側双方にデメリットしかありません。例としてテレワークを導入すれば、通勤時間を作業に回すことができますし、従業員のストレス軽減もできます。新しい時代のスタンダードな働き方として、自分の希望に沿った勤務形態の求人を探してみてはいかがでしょうか。

関連サイト

求職活動で仕事を選ぶ際、給与や賞与、福利厚生といった仕事の対価や保証を気にする人は多いですが、仕事内容もとても重要です。人には必ず「合う、合わない」が存在しますので、求職活動をする際は情報収集を怠らず慎重に探しましょう。