求職活動で仕事を選ぶ際、給与や賞与、福利厚生といった仕事の対価や保証を気にする人は多いですが、フルタイムやテレワーク、夜勤などの勤務形態の選択を前提に職を探す人も少なくありません。もちろん、実際に働くとするとどちらも重要なポイントです。

自分の希望する条件

せっかく働くのであれば、自分の希望する条件を満たしている仕事が一番です。その条件に合致する求人を探すことが求職活動の第一歩ですが、世に出ている求人情報は膨大な数です。

そこで、あなたがもし特別なスキルや資格を有しているのであれば、「雇用主側が提示してきた求人情報の中から自分に合ったものを選ぶ」のではなく、「自分が希望する条件を受け入れてくれる雇用主を見つける」という発想で探してみてはいかがでしょうか?

スカウトサービス

給与や賞与、勤務形態などについて、提示されている条件だけではなく「応相談」と記載されている求人情報も存在しますから、雇用主側に働きかけることも不可能ではありません。

もし、希望の条件に合う求人情報を一通りさらってみて、希望を満たすものがなければ、求人サイトなどが提供している企業スカウト用のサービスに登録することをお勧めします。

あなたの持つ資格やスキル、希望の勤務条件などを登録し、その条件であれば採用したいという企業側から、文字通りスカウトをしてもらうためのシステムです。いまや求人サイトは求職者側が探し、選ぶためだけにあるのではなく、人材を求める企業側が優秀な求職者を見つけ出すためのものでもあるのです。

焦りは禁物

単に条件が一致しただけの数少ない求人情報の中から「どれかに決めなくては」と焦り、不本意な職に就いたとしても、スキルや資格を活かしきれず、ストレスや不満が募り、結局すぐに転職先を探さなければならなくなってしまいかねません。

求職活動では利用できるシステム全てを活用して自分に合った仕事を探しましょう。求職者、雇用側、双方の希望が満たされてこそ、良好な雇用関係を結ぶことができるのです。

関連サイト

求職活動で仕事を選ぶ際、給与や賞与、福利厚生といった仕事の対価や保証を気にする人は多いですが、仕事内容もとても重要です。人には必ず「合う、合わない」が存在しますので、求職活動をする際は情報収集を怠らず慎重に探しましょう。