なんらかの資格やスキルを持っている人が仕事を探す場合、企業に属して会社員として働くか、企業からの委託を受けて自営業として働くか、自分がどのように働きたいかを決めてから希望の仕事を探すことになります。

フリーランスの注意点

例えば、自身でスモールオフィスを持ったり、フリーランスで委託を受けて働いたりする場合には、企業に所属して働く会社員とは違い、しっかり自分自身で契約内容や条件を確認する必要があります。

求人に書かれている勤務形態が「委託」となっている場合、企業側には健康保険や雇用保険、厚生年金などの負担義務は発生しません。そのため、契約金や成功報酬、条件がよかったとしても、それの保証が含まれていないというリスクを念頭に、その求人に応募するかどうかを考慮しなくてはいけません。

また、会社員と違って労働基準法などの適用外であるため、割増賃金や最低賃金などが適用されないことに加え、解雇に伴う保障などもないので、契約金が高いからと委託の求人にさっさと飛びついてしまうのは早計と言えるでしょう。
また、委託の求人の募集のほとんどは一契約ごとになるため、安定して継続する収入を望むのであれば、企業に属して会社員として働く方が断然いいでしょう。

スキルを磨いて挑もう

就労経験・フリーランスの経験どちらもなければ、まずは最低限の基礎知識をつけてから、どちらが自分にとって有利なのかを考えることが大切です。SOHO(スモールオフィス・ホームオフィス)を立ち上げ、フリーランスでやっていくつもりなら、求人に書かれている勤務形態や条件についてしっかり吟味しましょう。

委託という勤務形態のデメリットが心配であれば、まずは一度会社員として堅実に働いてみるのも悪くありません。先述したように、まずは知識をしっかりつけるところから始めるのが肝心ですし、何事も経験です。

その場合、現在持っているスキルをより向上させるために勉強や努力をするといいでしょう。会社員、フリーランス、どちらの勤務形態を選ぶにしろ、少しでも有利な条件で働きたいのであれば、自身のスキル向上を図ることは必須です。

関連サイト

求職活動で仕事を選ぶ際、給与や賞与、福利厚生といった仕事の対価や保証を気にする人は多いですが、仕事内容もとても重要です。人には必ず「合う、合わない」が存在しますので、求職活動をする際は情報収集を怠らず慎重に探しましょう。